ルビー、サファイア、翡翠、アジアの宝石
キラキラお星様 ルビー サファイア 翡翠 シルバー ジュエリー
キラキラお星様
非加熱 天然石 ピジョンブラッド ルビー、ロイヤルブルー サファイア、スタールビー、翡翠
スターサファイア、スピネル、ムーンストーン、ぺリドット、ガーネット、トルマリン、ヒスイ、
ミャンマー 最高品質のルースを、現地の一流シルバー彫金師の手により、オリジナル
ハンドメイド シルバージュエリーとして、格安のお値段で販売しているネット宝石店です。

インデックストップページシルバージュエリーシルバープチジュエリールース初めての方へwhat,s newご注文についてお問い合わせ特定商取引ラッピング
マイ コンセプト当店の宝石当店のシルバー お客さまの声写真集掲示板リンク かごのなかみ


★ マイ コンセプト 

お取り扱い商品

ルビー
サファイア

翡翠
宝石
スタールビー
スターサファイア

スピネル
ムーンストーン
ペリドット
アメジスト
アクアマリン
シルバー
リング
ジュエリー
ルース
トルマリン
ガーネット
天然石
当店の宝石は、私がミャンマーまで出向き直接宝石ブローカーから買い付けております。
ミャンマーは親切な人達が多く、今の日本人が忘れてしまったhospitarityに溢れています。軍事政権下なので条件付きではありますが、アジアのなかで
もっとも安全に旅行ができる国(快適とはいえませんが)であり、私が訪ねたことのあるアジアの国々の中でも

最も親日家の多い国の一つだとおもいます。しかしハッキリいって、そんな中にも虎視眈々とお金持ちの日本人?を騙そうと偽物の宝石を売りつけにくる
悪い人達も少なからずいることも事実です。偽物の宝石のほとんどは、ある程度の鑑定経験のある人
ならば見破れるようなチャチなものが多いのですが、中にはヒスイの偽物のように何種類かの製造過程の異なるグループがあるものもあり、
簡易的な鑑別器具だけですべてのものを判断することはどんな鑑別の達人をもってしても物理的に不可能です
日本のように情報の発達しているところであれば宝石鑑定所を探すことは、インターネットや電話帳を使えば容易いことですが情報量も少なく言葉も通じにく
い、ミャンマーではなかなか難しいことです。
幸いにも私はミャンマーにおいて、信頼できる宝石鑑定の第三者機関と知り合うことができました。ですから私のやり方としては、
自分の判断だけに頼るのではなく、仕入れる前にすべての宝石を鑑定機関に持ち込んで本物の判定を受けたものだけを仕入れる
ことでリスクを回避しています。
宝石鑑定中
海外旅行、特にアジアをよく旅される方はご存知だと思われますが、アジアでは 日本人はよくボラレます。
タイなどでは最近こそセブンイレブンやマクドナルド
などの外国資本のお店もあちこちに増えてきて、どこで誰が買っても同じ値段の、
定価という概念も定着しつつありますが、まだまだ多くの商品が交渉によって値段がきまります。
インドなどはその最たるところで、リキシャの値段から一杯のカレーにいたるまですべて値段交渉が必要です。
旅なれない人はあまりの煩雑さに、つい相手の
言い値で納得してしまい通常の何倍もの高い値段を払ってしまう人も多くいます。
現地に長く滞在していると大体の相場も分かってくるものですが短期の旅行者には短時間で
相場を把握することはなかなか難しいようです。
ミャンマーに関していえば、彼らはアジアの中でも比較的ボルことの少ない国だと思います。
ボッタとしてもインド人のように初めから現地価格の何倍もの値段を言ってくることはまずありません。
しかしそれだけにミャンマーの商人は頑固な人が多く
て、自分の言い値をなかなか下げようとはしません。

花売り娘
どこの国でもそうですが、生活用品や食材というものは何処で買ってもあまり差はありません。
また、工芸品のように人の手で作られたものは、材料費と人件費によって価格の予測がたち他店との横にらみ
によっておのずとある程度の範囲内に価格がこなれてきます。
しかし言うまでもなく、宝石というものはどんな安価なものでも人間の手で作り出されたものではなく、もともとはただの石です。岩山の中から掘り出した色のきれいな石を分類し、名前をつけ、値段を付けて販売している
に過ぎないのです。そうゆう意味からゆえば現地において 最も値段の予測のつきにくいものは宝石だと言えるとおもいます。
先ほども申しましたように現地では定価という概念が希薄で、売り手と買い手のネゴによって値段がつけられます。
逆に日本においては、一般的に1カラットのピジョンブラッドグレードのルビーは約30万円といわれています。
2カラットならばその4倍の約120万円、
3カラットならばその2倍の240万〜300万円(品質により異なる)といわれています。
しかしミャンマーでそのルビーを仕入れたバイヤー(ミャンマーで仕入れする日本の業者は少ないですが)はもしかすると1カラット10万円以下で仕入れたかもしれずあるいは、20万円以上で仕入れたかもしれないのです。このように宝石の値段と言うものは 現地の仕入れ値の如何に関わらず、 消費地に近ずけば近ずくほど横にらみにより確定されます。
ミャンマーモゴク産非加熱ルビー
以上のことからアジアン ジェムズをオープンするに当たって、マイコンセプトとしてお客さまにお約束しておくことが3つあります。
@つ目は、現地仕入れの際は一つ一つの宝石に対して妥協をせず徹底的に値段交渉を行いよいものを安く仕入れる努力をするとゆうことです。
Aつ目は、重複いたしますが、自己の判断だけでなくより正確を期するために信頼できる第三者機関の鑑別を受けた宝石だけを皆さまにご紹介してゆくとゆうことです。
Bつ目は、いくら価格交渉によって安く仕入れた宝石であったとしても、他店の高い価格を参考に値段付けを行えば、お客さまに安価でよい商品をご提供することはできません。したがって、当店の販売価格の基準は仕入れ価格に決まった利益率を掛けることにより決定したいと思います。
 こうすることにより、通常より安く仕入れたものに対しては安くお出しすることができます。
 (高いものは初めから仕入れませんので、ご安心下さい。)
以上3つのお約束を確実に守っていこうと思っておりますので、皆さまよろしくお願いします。


トップページ

ルビー、サファイア、翡翠、シルバー ジュエリー、宝石に関するお問い合わせは webmaster@asian-gems.com

Copyright(c)2002 Asian-gems All Rights Reserved
本Homepageに記載されている 内容の無断転載を禁止します。